fbpx

娘の成長が実感できる、とてもいい機会になりました。

江東区在住 藤井 太郎さん(娘:那結ちゃん3歳)

場所:戸越銀座商店街

Q. サービスを利用しようと考えたきっかけや動機は何ですか?

このサービスなら、娘が安全にチャレンジできる。

子供は日々成長しているはずだけど、毎日見ているからその小さな変化を実感する機会は少ないと感じていました。娘がおつかいに一人で行くという体験は、どれだけ成長しているのかを実感できるいい機会だと思いました。一人でおつかいに行かせるのは、近くのコンビニでも信号があるから心配。このサービスなら、娘が安全にチャレンジできる環境が整っていると思いました。

Q. 実際に体験されてどうでしたか?

娘の成長を改めて信頼できるようになりました

子供よりも自分の方がドキドキしたかもしれません。おつかいに出発して、娘の姿が見えなくなったときに思わず追っかけていきたくなりました。待っている間は、本当にできるのかという心配と期待が入り混じった感情でいっぱいでした。娘が戻ってきたとき、目が合ってから娘がダッシュしていましたが、自分も同じくらい嬉しかったです。

後で編集された動画を見て、挨拶の仕方だったり、普段からいいつけていることを娘がきちんと守っている様子を確認して、普段いいつけていることが無駄じゃなかったと喜びがこみあげてきました。本当にできているのか心配だったので。娘の成長に対して、改めて信頼できるようになりました。


Q. 体験される前、どんなことを懸念されていましたか?

歩行者天国の商店街だから安心できました

何よりも子供の怪我が心配でした。車・自転車などですね。普段一緒に歩いているときも、娘はテンションがあがってしまうと、信号を無視して走り出してしまうことがあったので。不安だったので、現地の商店街を事前に下見に行きました。そこで歩行者天国であることと、自転車を降りて歩いている人が多いことを確認して、これなら大丈夫だと思いました。念のため娘には「自転車がきたら端っこによけて」と事前に言って聞かせていました。スタッフさんで、見守りの人がいたことも心強かったです。

Q. おつかいの成功のコツは何でしたか?

お金のやりとりは家で5回くらい練習しました

1週間くらい前から、お金のやりとりを家で5回くらい練習しました。寝室とリビングに分かれて、寝室でおつかいをしてきてほしいメモとお財布を渡して、リビングで待機している奥さんのもとでお買い物をしてもらいました。最初はお金を渡すのを忘れてしまったり、メモをうまく出せなかったりしていましたが、5回くらい練習してできるようになりました。本番でもきちんとできたみたいで良かったです。

おつかいは、最初は娘は嫌がっていました。無理だよーと。ただ「大人のお姉さんになりたくない?」と聞いたら「なりたい!」と言ったので、「大人のお姉さんはみんな一人でおつかいできるよ」と伝えたら、「おつかい一人で頑張りたい!」と納得してくれたみたいです。

Q. 体験後、親子で何か変化はありましたか?

娘が一人でやることに自信を持ったみたいです。

娘は元々甘えっこ気質で、たまにトイレで拭けないと親を呼ぶこともありました。たまにその気質がでることもありますが、「おつかい一人でできるお姉さんなんだから、これも一人でできるよね?」と言うと、甘えずに自分で取り組めるようになりました。おつかいを通じて娘が一人でやることに自信を持ったみたいです。先日実家に帰った際にも、祖父母相手に、自分が一人でおつかいに行ったことを誇らしげに話していました。

はじめてちゃれんじをこれから検討されている方へメッセージをお願いいたします。

チャレンジしたという経験が子供にとって価値になる。

自分たちは結果としておつかいに成功しましたが、別に仮に成功していなくても良かったと思っています。行こうとした、チャレンジをしたという経験自体が子供にとって価値があるし、自信にもなるはずです。

はじめてのおつかいは、親だけでは絶対にできない。親が遠くで隠れていたとしても、子供には雰囲気でバレてしまいます。かといって本当に一人だけで行かせるのは安全面で不安です。

複数人に見守ってもらい、安全ななかで子供がチャレンジできる環境はとても貴重だと思います。

トップページにもどる